忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.08.21 |

PRK

レーシックではありませんが、視力矯正技術の一つにPRK(ピーアールケー:Photorefractive Keratectomy)があります。

これは、エキシマレーザーによる視力矯正手術のひとつで、角膜の表面の皮膜を取り除いてから、レーザーによって屈折矯正を行うというものです。

以前はメスによって表皮を削り取っていましたが、現在ではレーザーで蒸散させる方法が主流となっています。

メリット
・フラップ作成をしないので、それに伴うトラブルの心配がない
・フラップが剥がれる心配がないので、激しいスポーツ、格闘技をしている人に向いている

デメリット
・角膜表皮を削る際には痛みがある
・視力回復に数週間かかり、この間は保護用のコンタクトを着用する必要がある
PR

2008.03.31 | Comments(0) | Trackback(0) | レーシックの種類

フェイキックIOL

フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)とは、白内障の手術で用いる技術を応用した視力矯正手術です。
白内障治療では白濁してしまった水晶体を取り除きますが、フェイキックIOLでは水晶体を残したまま眼内レンズを挿入します。
有水晶体眼内レンズは、ポリメチルメタクリレートとよばれる素材で作られた人工レンズで、非常に生体適合性が良いといわれています。
このレンズを角膜と虹彩の間に入れることで、近視や遠視を矯正します。
この方法自体は昔からヨーロッパで使われているもので、アメリカでもFDAの使用認可がちゃんと下りています。
角膜が薄い人や近視の度合が進んでいる人でも、フェイキックIOLならば受けることができます。
最近では永久コンタクトレンズとしてメディアでも取り上げられるようになりました。

メリット
・異常があった時も、レンズを取り出せば元に戻せる
・角膜が薄くても手術可
・近視が強くても手術可
・ハロ、グレアの心配がない

デメリット
・レーシックに比べると手術費用が高い
・症例数が少なく、長期的安全性が不明
・実施している病院が少ない

2008.03.14 | Comments(0) | Trackback(0) | レーシックの種類

| HOME | »

忍者ブログ [PR]