忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.09.24 |

エピレーシック

・エピレーシック


エピレーシックは、フラップ作成にエピケラトームという器具を用います。
これにより、角膜上皮のみの薄いフラップを作ることができ、眼球強度をあまり低下させずに手術できるので、日常的に激しい運動を行う方に適した治療法です。
また、アルコールを使用しないため、正確性の低下の恐れがありません。

メリット
・角膜の薄い方や、近視が進んだ方でも手術を受けられる
・マイクロケラトームよりもリスクが小さく、精度も良い
・術後、激しい運動をしてもよい
・アルコール使用によるリスクがない

デメリット
・手術後数日はフラップの定着のため、保護用コンタクトレンズの装用をしなくてはいけない
・実施例があまり多くない

PR

2008.03.07 | Comments(0) | Trackback(0) | レーシックの種類

コメント

コメントの投稿


« | HOME | »

忍者ブログ [PR]